IBM、Red Hatを買収へ


==PR------------------------------------------------------------------------
この一年でどこまで活用が進んだ?<AI(人工知能)・機械学習>の市場をおさらい
データサイエンティストからビジネスユーザーまで、誰もが使えるAIとは?
……………………………………………………………………………………………………
『今、企業が求めるオープンなAIプラットフォーム』SAS新製品ご紹介セミナー
>>> http://rd.itmedia.jp/1O3D
--------------------------------------------------------------------------==

◆◆◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆     ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン
◆◆◆      月曜日版:ニュース トピックス
◆◆                                2018.11.5
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 http://www.itmedia.co.jp/news/ 

ITmedia NEWS アンカーデスクマガジン月曜日版は、おさらいしておきたい先週の
ニュースをご紹介します。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ウィークリートピックス(2018/10/29〜11/5)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◆IBMがLinuxのRed Hatを340億ドルで買収へ ハイブリッドクラウド強化
 http://rd.itmedia.jp/1O97 
米IBMは10月28日(現地時間)、Linuxデュストリビューター大手の米Red Hatを買収
すると発表した。買収総額は約340億ドル(約3兆8038億円)で、取引は2019年下半期
に完了の見込みだ。買収完了後、Red HatはIBMのハイブリッドクラウドチーム下の独
立ユニットとして存続する。

◆「ギガが減る」に「推しメン」 三省堂が現代新国語辞典に新語やネットスラング
を収録した理由
 http://rd.itmedia.jp/1O94 
「ギガが減る」「写真を盛る」「推しメン」など、SNSでよく見るさまざまな言葉を
載せた辞書が登場した。「三省堂 現代新国語辞典 第6版」だ。発売後、「こんな辞
書があるとは」「時代の流れを感じる」などとネット上で話題を集めている。
しかし、現代新国語辞典がもともと新語やネットスラングに強い辞書だったのかとい
えばそうではない。むしろ「第5版までは俗語の収録には抑制的だった」という。

◆「ブロッキング法制化」反対派不在の報告会 「中間まとまらない」座長メモも
公開
 http://rd.itmedia.jp/1O95 
内閣府 知的財産戦略本部は10月30日、検証・評価・企画委員会コンテンツ分野会合
の第1回を開き、インターネット上の海賊版サイト対策についてタスクフォースの議
論を基に意見交換を行った。しかし、ブロッキング法制化反対の急先鋒である森亮二
弁護士の姿はなかった。

◆グリー、中国「ビリビリ動画」と協業 スマホゲーム・VTuber事業で「巨大市場」
狙う
 http://rd.itmedia.jp/1O9b 
グリーは10月30日、中国の大手動画サービス「bilibili」(通称『ビリビリ動画』)
などを運営するBiliBiliと業務提携すると発表した。日本・中国国内でのスマート
フォンゲーム事業、バーチャルYouTuber(VTuber)事業で協業する。グリーの田中
良和社長は「日本のコンテンツに興味関心のある中国のユーザーにリーチできる」と
意気込む。

◆Apple、新型「iPad Pro」発表 USB-CとFace IDを採用、ホームボタンは廃止
 http://rd.itmedia.jp/1O99 
米Appleは10月30日(米国時間)、iOS搭載タブレット「iPad Pro」の新モデルを発表
した。11インチと12.9インチの2モデルを用意する。iPhone同様にホームボタンと3.5
ミリイヤフォンジャックを廃止し、狭額縁デザインを採用した。接続端子にはiOSデ
バイス初となるUSB-Cを搭載する。11月7日発売、価格は11インチが8万9800円から、
12.9インチが11万1800円(いずれも税別)から。

◆「アクセスの約86%がbotだった」 航空会社の予約サイトが悩むbot
 http://rd.itmedia.jp/1O96 
「全アクセス数の約86%がbotだった」――日本航空(JAL)のインバウンド向け(海
外の人向け)国際線予約サイトのトランザクションを、2017年に分析したところ、そ
んな実態が明らかになった。何者かの利用するbotが空席・運賃といった情報を頻繁
に自動収集しようと試みていたとみられるが、近年このような売上にはつながらない
botアクセスの増大にJALは悩まされていた。

◆「マーケティングが変わる」 ヤフー川邊社長が「PayPay」に込める期待
 http://rd.itmedia.jp/1O9a 
決済サービス「PayPay」(ペイペイ)は、ヤフーの川邊健太郎社長が「コマース事業
で最も未来に投資している事業」と期待を寄せるサービスだ。キャッシュレス決済と
いうユーザー側のメリットが目立つが、広告ビジネスを主事業とするヤフーからする
と「マーケティングが全く変わる」(川邊社長)可能性も秘めている。

◆NTTドコモ、料金が2〜4割安くなる料金プランを19年に導入
 http://rd.itmedia.jp/1O93 
NTTドコモは10月31日、2019年第1四半期(19年4月〜6月)に現行料金から2〜4割値下
げとなる新料金プランを提供すると発表した。18年度第2四半期の決算説明会で同社
の吉澤和弘社長が明らかにした。また料金プランが複雑で分かりにくいという声に応
え、「シンプルで分かりやすい料金プランに大胆な見直しを行う」(吉澤社長)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      コラム:ZOZOSUITとその対抗アプリで全身を測ってみた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 全身を採寸できる「ZOZOSUIT」の対抗策が登場した。イスラエル企業のSizerが手
掛けるスマートフォンアプリ「Sizer」(iOS)。アプリから流れる音声に従って簡単
なポーズを取って撮影するだけで肩幅やスリーサイズを計測できるというものだ。
 http://rd.itmedia.jp/1O98 

 せっかくなので肩幅、バスト、ウエスト、ヒップ、股下の5カ所を両方で計測して
みた。メジャーの採寸結果を基準として、結果は以下の通り。

肩 幅 :ZOZOSUIT(+0.5センチ)、Sizer(+1.2センチ)
バスト :ZOZOSUIT(+1.8センチ)、Sizer(-2.6センチ)
ウエスト:ZOZOSUIT(-2.2センチ)、Sizer(-3.2センチ)
ヒップ :ZOZOSUIT(+2.7センチ)、Sizer(+2.1センチ)
股 下 :ZOZOSUIT(-4.4センチ)、Sizer(+3.3センチ)

 どちらもそれなりに誤差があるので、これをもとにぴったりのサイズの服を頼むの
はやや難しいのではないか? と感じる。ウエストが3センチ違えばスカートのサイズ
が1つ変わってしまうし、股下の長さが正確でなければ裾上げを頼むのは難しい。こ
うした誤差をいかに改善するか、今後の各社のアプローチが気になるところだ。

 ちなみにZOZOは、ZOZSUITの計測結果や、それをもとに最適なサイズを選んだプラ
イベートブランド商品へのフィードバックなどを活用して機械学習を行い、「身長、
体重などの基礎情報を入力すれば、体型データを勝手に推測できる」新技術を開発し
たという。
 http://rd.itmedia.jp/1O9c 

 ZOZOSUITによって「機械学習用のデータとしては十分な数が集まっている」そうだ
が、いくら無料で配布しているとはいえ、受け取ったユーザー全員が計測を行ったと
は限らない。その上プライベートブランドの商品を購入し、フィードバックした人は
どれだけいるのだろうか。残念ながら、得られた学習データの量は非公開である。

 せめて、将来的には「どの程度実際のサイズに近い推測ができているか」だけでも
教えてもらえないだろうか……と淡い希望をいだいている。
                              (編集部 村田)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   		    「ITmedia NEWS TV」絶賛配信中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

毎週火曜日と金曜日の夕方にITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組
「ITmedia NEWSTV」。人気記事や注目記事の裏話、記事に書ききれなかったこぼれ話
を記者がお届けしています。

リアルタイムで皆さんからの質問にお答えしたり、スペシャルゲストを招いて普段は
聞けない話を聞いたり、VRを使って放送したりと、さまざまな取り組みを実施中!

放送は午後6時前後から。放送直前にTwitter(@itmedia_news)でも告知しています
が、見逃し防止には「チャンネル登録」がお勧め!
YouTubeページで「チャンネルを追加」ボタンを押していただくと、次回放送の案内
がお手元に届きます。

▼チャンネル登録はこちら
 http://rd.itmedia.jp/1Cuz 

▼過去の番組紹介記事はこちら
 http://rd.itmedia.jp/1Cuy 

動画でも、ITmedia NEWSをよろしくお願いいたします!